葛城地区大規模緑地(葛城の森)とは、「つくばエクスプレス」の研究学園駅の北東、駅から徒歩約20分のところに広がる茨城県が所有する平地林です。隣接する私有地(保安林)と合わせると20haもの広さになり、開発が進むつくば市にとっては、豊かな自然が残る貴重な場所です。かつて、ここは里山として人々に利用されてきたところで、現在でも様々な動植物が生息しています。私たちNPOつくば環境フォーラムは、今から10年以上も前から保安林の一部にて森林保全や環境教育の活動を行ってきました。現在、一般財団法人つくば都市交通センターと共に、この緑地を里山公園にする取り組みを進めています。

2017年3月19日日曜日

3月度「森のボランティア」のお知らせ



 すっかり春らしい陽気になりました。森では木の芽が膨らんできました。
みなさん、いかがお過ごしですか?

 現在、アカマツ林の再生を進めている場所では、すでに、マツ枯れに耐性のあるアカマツの苗木と、クヌギ・コナラなどの落葉樹の植樹が終わりました。
引き続いて、この林を、より一層自然の状態に近づけるために、近くの森に生えている様々な苗木を掘り取ってきて、再生林に移植する作業を行います。
 マイツリー大作戦のようなプレートはありませんが、是非、多くの方にこの作業に参加していただきたいと思います。

 道具などの準備があるので、参加予定の方は事前に連絡していただけると助かります。
よろしくお願い致します。

**** 以下詳細 *****

〇日時 : 3月25日 (土)
 9:45 集合
10:00 作業開始
12:00 作業終了~集合場所に戻って解散

※つくば環境フォーラムでは、午後も場所を移して森づくり作業を行います(15時まで)。午後まで参加をご希望の方は、昼食をお持ちください。また、参加費(保険代・茶菓代等)として300円をお願いします。

〇作業内容 :
隣接する保健保安林から天然苗木の移植

〇服装・持ち物 :
動きやすい服装(肌が見えない服)、長靴や運動靴、軍手、タオルかバンダナ(ヘルメットの下につける)、作業中の飲み物
※道具類はこちらで用意します。ヘルメットをお持ちの方はご持参ください。

〇集合場所
スーパーセンター トライアル つくば研究学園店 駐車場
(〒305-0816 茨城県つくば市学園の森三丁目12番地6)
※場所をお借りしているだけですので、トライアルさんへお問い合わせ等しませんようお願い致します。

〇参加費 : 無料
※午後も参加される場合は300円

〇申込み : 
ページ右上の里山クラブ事務局への電話またはメールお願いします。

〇直前連絡先 :
直前のご連絡・お問い合わせは電話でお願い致します。
TEL:080-3913-1298


2017年3月7日火曜日

アカマツの植樹





 森の松林再生エリアに、150本の耐性アカマツの苗木を植えました。今回補植した苗木は、品種改良によって、松枯病の原因であるマツノザイセンチュウに対して耐性を持たせたものです。葛城の森では、薬剤処理と耐性苗木の補植の二本立てで、松枯病の対策をとっています。

 上の写真は、「美女」二人が、将来、自分の羽衣を掛ける松を植えているところだそうです(笑)。





 

2017年3月4日土曜日

皆んなで木を植えました


  春らしい陽気のもと、今年度の葛城の森『マイツリー大作戦』が実施されて、約120人もの参加者がありました。皆さんは、自分が植えた木に、木の名前や入学、卒業、誕生、新築入居・・・などの記念メッセージをプレートに書いてぶら下げていました。大人も子供たちも誰もが楽しそうです。


 植えた木の種類は、コブシ、ヤマザクラ、クヌギ、イロハモミジなどの高木に、カマツカ、ウツギ、ムラサキシキブ、そしてヤマブキなどの低木です。いずれも、里山で美しい花や果実を付けたり、紅葉が見事なものなどばかりです。
 早く、元気に大きく育って、たくさんの花を咲かすのが、本当に待ち遠しいですね。


なお、来週の3月7日(火)に、フォレスターとスタッフで、再生中の松林に耐性アカマツ苗とクヌギ、ヤマザクラなどの雑木の植樹を行います。プレートはありませんが、今回、都合で参加できなかった方や、もっと植えたい方、松を植樹したい方は、ぜひ、お手伝いをお願いします。葛城の森の現地でお待ちしています。