葛城地区大規模緑地(葛城の森)とは、「つくばエクスプレス」の研究学園駅の北東、駅から徒歩約20分のところに広がる茨城県が所有する平地林です。隣接する私有地(保安林)と合わせると20haもの広さになり、開発が進むつくば市にとっては、豊かな自然が残る貴重な場所です。かつて、ここは里山として人々に利用されてきたところで、現在でも様々な動植物が生息しています。私たちNPOつくば環境フォーラムは、今から10年以上も前から保安林の一部にて森林保全や環境教育の活動を行ってきました。現在、一般財団法人つくば都市交通センターと共に、この緑地を里山公園にする取り組みを進めています。

2016年9月13日火曜日

巨大キノコを見つけた!


 先週の土曜日に、定例の『里山散歩』が開かれました。今回の「目玉」は、栗拾いでしたが、栗はやっとイガが割れだしたばかりで、これからが本番のようです。それでも、参加者は、何箇所かの栗の木を巡っているうちに、そこそこの数の栗を拾うことができました。
 散歩が、終わりに近づく頃、雑木林で巨大な白いキノコが大きな輪になって群生しているのを見つけました。このキノコの輪は「フェアリーリング」と呼ばれて、ヨーロッパでは、魔女が集会した跡とか、妖精の世界への入り口などとたくさんの伝承があります。
 参加者の方にキノコの種類を調べていただいたら、「シロオニタケ」というのだそうです。確かに、地上に出たばかりの形は、鬼が持っている棘だらけの棍棒に似ています。


 葛城森は、平地林のため地形の変化に乏しい。しかし、たんねんに見ていくと、不思議なことや美しいものを発見したりと、興味が尽きません。これから、雑木林は一年でもっと美しい紅葉の時期を迎えます。ぜひ、毎月第二日曜日の午前中に開催される『里山散歩』にご参加下さい。



2016年9月2日金曜日

9月度の里山散歩と森のボランティアのご案内



 先日の台風で、木が倒れたり枝が折れたりしたので、森に入ってフォレスターの人たちと片付け作業をしました。森のいたるところで、ゴンズイやサンショウ(写真)が、真っ赤な実をたわわに付けていました。サンショウの割れてはじけた果皮からは、真っ黒のツヤツヤした種子が覗いています。池の近くの柳の下では、ナンバンギセル(下写真)が花を咲かせていました。鮮やかな紫色です。だんだん、森も秋の彩りで賑やかになってきました。森を散歩して秋を探してみませんか?

 今月の里山散歩と森のボランティアは、下記の通りです。多くの方の参加をお持ちしています。
*********************************************************
 (里山散歩)
〇日時 : 9月11日(日) 9:50 集合 10:00から12:00まで
      ※少雨決行、荒天中止
〇集合場所  : スーパーセンター 「トライアル つくば研究学園店」  駐車場
      〒305-0816 茨城県つくば市学園の森三丁目12番地6
      ※散策中はトイレがありませんので集合前にお済ませください。
〇参加費  :無料
〇申込み  :右上の「里山クラブ事務局」へメールまたは電話でお申込み下さい。
       ※当日、飛び入り参加も可能です。
〇服装・持ち物  :長袖、長ズボン、帽子、運動靴、虫よけ、飲み物

〇直前連絡先  : 080−3913−1298

(森のボランティア)
  森のボランティアは、8時から9時30分までです。
  集合は、同じく「トライアル」駐車場です。
  汚れてもよい服装、運動靴などでご参加ください。

**********************************************************